日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築探訪
建築の側面
建築外構造物
ニシン漁家建築
北の古民家
住宅メーカーの住宅
間取り逍遥
 
TOPに戻る
徘徊と日常
2018.05−2018.06
2018.06.28
ニュータウン誕生展
吹田市立博物館
展示の中に石原正の都市鳥瞰図「千里ニュータウン絵図」と「千里絵図」。 書籍の中の縮小画像を拝むに留まっていた精緻極まる二作を存分に堪能した。
2018.06.24
白井晟一の「原爆堂」展
Gallery 5610
展示作品よりも、ギャラリーの入口に貼り出された思想誘導的な設問を伴う来訪者アンケートの解答内容に興味を持った。
2018.06.22
メーカー住宅施工事例
1981年にミサワホーム55が商品化される三年前に建てられたプロトタイプモデル「第8号居住実験棟」の北西側外観(現存せず)。
2018.06.12
大阪市
高層ビルに囲われたうなぎの寝床状の空き地。
2018.05.31
書棚のナカミ
さっぽろ文庫23
札幌の建物
古民家に興味を持つきっかけとなった書籍。
2018.05.24
大阪市
維持管理及び避難経路の機能が素直に意匠化され軽快に纏められた立面。
2018.05.20
東京都千代田区
次々と再開発ビルが屹立する大手町地区にあって比較的簡素で繊細な外装を纏うツインタワー。
2018.05.15
大阪市中央区
芝川ビルディングのエントランス廻り夜景。
古代マヤ・インカ調の装飾と説明されると確かにその様にも見える。
2018.05.08
書棚のナカミ
続々続々 匠の時代
中学時代の愛読書。 昭和50年代のミサワホームの商品開発動向が詳述されている。
2018.05.01
北海道小樽市
幾度も訪ね歩いているけれど、その度に視覚の享楽に授かる。 小樽はとても面白い街だ。
アーカイブ

・次のログ
2018.07-

・前のログ


NEXT
HOME
PREV