日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築探訪
建築の側面
建築外構造物
ニシン漁家建築
北の古民家
住宅メーカーの住宅
間取り逍遥
 
TOPに戻る
徘徊と日常
2018.03−2018.04
2018.04.29
北海道苫小牧市
観光協会運営のレンタサイクル「とまチョップ号」で市内を散策。
2018.04.27
東京ステーションギャラリー
隈研吾展。 かくも多彩な建物表層の着想・実現に圧倒されはするけれど・・・。
2018.04.19
大阪市
結界オフィス。
2018.04.12
大阪市
フジカワ画廊
立面を構成する各要素のプロポーションが綺麗な建物だなと思い撮影。 調べてみたら、村野藤吾の設計だそうで。
2018.04.08
東京都港区
溶融亜鉛めっき鋼板をフラットに納めた手摺で構成した外部階段二基の並置が造り出す建物裏手の表情。
2018.03.31
川越市氷川橋
アニメ「月がきれい」初回冒頭の桜が舞うシーンを狙って、聖地巡礼。 散り際の桜並木と花筏。
2018.03.25
銀座メゾンエルメス
隣地建物が建替えのために除却されたことによって可能となった期間限定のアングル。
2018.03.17
東京都千代田区
この様な部分復元(というより、精巧な模造)にも建築の記憶が遺される価値を見い出す必要に迫られる程に、都市の変貌は速く、そして苛烈だ。
2018.03.11
JR総武線浅草橋駅
迫り出す橋脚の連なりが織り成す風景。
2018.03.08
大阪市中央区
闇夜に浮かぶイオニア式。
アーカイブ

・次のログ
2018.05-

・前のログ


NEXT
HOME
PREV