日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築探訪
建築の側面
建築外構造物
ニシン漁家建築
北の古民家

間取り逍遥
 
INDEXに戻る
住宅メーカーの住宅
ユニット別荘四題
※1

写真1*1
C型キャビン外観

昭和40年代に百花繚乱の様相を呈していたユニット工法の住宅市場の中には、セカンドハウスとして開発された商品群の流れもあった。

ユニット工法の草創期のことを調べると、実はユニット工法とセカンドハウスは結構縁があるようだ。
例えば、積水ハウスが1962年7月に発表したプラスチック製ユニット住宅「C型キャビン※1」も、その規模からすればセカンドハウス的な意味合いが強かった。
あるいは、積水化学工業によるセキスイハイムの開発時においても、二番目の試作モデルは別荘を想定したものであった。 それは、一番目の試作があまりにもラディカルであったため、需要としてはセカンドハウスの方が適切なのではという意見があったことに拠る。 実際、1970年5月に二番目のプロトタイプを建設した場所も、琵琶湖に面する蓬莱町の別荘地であった。

では、ユニット工法を採用したセカンドハウスとして実際に商品化されたモデルには、どのようなものがあったのか。 以下に幾つかの事例を記載してみたい。



1.不二サッシ,三井農林/カプセルFM
1972年に発売。
FM48Sと呼ばれる4.8m角のユニットを一単位とし、必要に応じて複数のユニットを接続して構成する。
屋根と壁面はアルミパネル。 鉄骨の梁にパネルを固定し、ユニットを構成する。
屋内は、FMWと呼ばれる水廻りユニットをオプション装備も用意されていた。

写真2*2:外観

写真3*3:内観


2.昭和電工/サンレポー
こちらも1972年に商品化。
鉄骨の軸組みにアルミとポリエチレンの複合パネルを取り付ける構造。 短辺800mm、長辺2400mmのユニットを一単位とし、それを必要に応じ複数接続する形式で、4種のタイプを販売した。
当時の広告には「ひろがりあるレジャーハウス」というコピーが付けられており、別荘的な使用方法が想定されたモデルであったことがわかる。 内部は、キッチンセットやバスルームは勿論、ベッドや冷蔵庫も装備されていた。
写真4を見ると、可動間仕切りや収納ベッドが設置されている。 限られた空間を有効に活用しつつ、そこに楽しさも付与することで、セカンドハウスとしての商品性を高めているといえよう。 

写真4*3:外観

写真5*3:内観


3.高崎製紙/TAKASAKI-UHS-C-70
居室を規定する矩形のメインユニットに、居住に必要な様々な機能を収めたサブユニットを任意で取り付ける構成を採用。 平面図を見ると、矩形の箱の長辺方向に、台形の平面形状をした様々なサブユニットが接続している状況が判る。
サブユニットとしては、サニタリーを収めたもの、あるいは、キッチンセットや玄関、ソファベッドを収めたもの等、幾つかのパーツが用意された。 セカンドハウスとして求めるアメニティに応じて、パーツを任意に選択して組み合わせることが出来るところが面白い。
居住空間をメインユニットとサブユニットに分化して構成する手法は、例えば段谷産業のダンタニコームや、ミサワホームのホームメカ等でも見受けられた形式である。
メインユニットの外装には、断熱材を充填した木質系パネル。 サブユニットにはFRPが用いられていた。

写真6*4:外観

図面1*4:<平面図


4.利昌工業/フローラ
FRPの可塑性を活かし、球体のユニットを形成。 当時指向された近未来的なデザインを実現している。
屋内は、居住に必要な機能がコンパクトにぎっしりとレイアウトされている。
写真7は1ユニットのもの。 図面2は、ユニットを二つ接続した「ジョイントフローラ」である。

写真7*5:外観

図面2*5:平面図


これらの事例は、日常生活を送る住まいとしてよりも、非日常性を愉しむ空間に向いているという印象は共通している。 それに、予めその殆どを造り込んでしまい、現地での施工数を出来る限り減らすことは、人里はなれた別荘地に建てる場合には好都合であろう。
そういった意味でもユニット工法の長所を活かしやすいのが別荘建築であるということになりそうだ。

ユニット工法によるセカンドハウスのラインアップが充実するのは昭和40年代後半の一時期に留まる様だ。 当時の住宅雑誌等を調べてみると、関連記事や広告の多くは1973年から74年に集中する。
この時期に興隆した理由には、ユニット工法の草創期というタイミングもあろう。 しかしそれ以上に、1972年6月に当時通産相であった故田中角栄がまとめた「日本列島改造論」に起因すると言われる別荘地の開発ブームによる市場形成も背景にあるようだ。
以降、この形式の住宅に関する推移は三つの系統に分岐したと考えることが出来そうだ。 一つは、仮設事務所としての展開。 もう一つが、トレーラーハウスとしての進展。 更に、アルミを主要構造体とする住宅開発の流れである。



INDEXに戻る
引用した図版の出典:
*1:積水ハウス
*2:不二サッシ
*3:昭和電工
*4:高崎製紙
*5:利昌工業

2011.01.08/記