日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築探訪
建築の側面
建築外構造物
ニシン漁家建築
北の古民家

間取り逍遥
 
INDEXに戻る
住宅メーカーの住宅
ユニット住宅三題
昭和40年代の工業化住宅を考える上で、ユニット構法は外せない。 恐らく、この年代がユニット構法の全盛期だったのではないか。
それは、工業化住宅に期待されていた生産性という命題に対する終極の構法と期待されていたからだ。 つまり、建物の完成形を幾つかのユニットに分割してあらかじめ工場で可能な限り造り込んでしまい、それを建設現場に運んで組み立てれば完成という、極めて高い工場生産。
国内において、この構法による住宅の商品化をいち早く実現したのは、積水化学工業の「セキスイハイムM1(以下、M1)」。 その事業的な成功に端を発し、昭和40年代後半は、ユニット構法を採用した住宅が続々と商品化された。
それぞれに個性的なモデルが住宅市場を賑わせたが、この様な時期を中心に、ユニット住宅の中でユニークに思えたモデルをM1以外で三つ選ぶと、以下となる。


1.段谷産業/ダンタニコーム
1975年6月発売。
M1の構成概念をより鮮烈に具現化したモデルという点で興味深い。
M1は、居室の空間を規定するメインユニットと、居住のための機能を納めたサブユニットの組み合わせを基本構成としていた。 直方体のメインユニットの短辺方向にサブユニットが接続する状況が直截的に外観に顕れているのがM1の特徴だ。
サブユニットに収められる機能は、具体的にはキッチンやユニットバスや収納等々であるが、しかしこのサブユニットとメインユニットの関係は必ずしも厳密ではない。 面積的にサブユニットに収まりきれない機能がメインユニットに侵食しているプランが殆どであった。

写真1*1
三階建てタイプ外観

図面1*1
同左、一階平面図

それに対して、ダンタニコームはその分化が徹底している。 平面図を見れば明白であろう。
まずは、ユニットを工場から現場へ運搬する際に影響する道路交通法への対応から、短辺方向の幅を2.5m弱に抑えた大きな箱(メインユニット)が、長辺方向を接続する形で三つ並び、リビングダイニングルームの空間を規定している。
そして左のメインユニットには、上下と左辺にサブユニットが取り付いている。 つまり上辺にはキッチンユニット。 左辺には勝手口や洗面トイレのユニット。 下辺には浴室ユニットが、メインユニットから突き出すように接続している。
同様に、中央のメインユニットには、上辺に居室拡張ユニット、下辺に玄関を構成するユニットが突き出している。
右側のメインユニットにも、上辺に家具ユニットが一つ、右辺に居室拡張ユニットが二つ付いている。
これがメインユニットとサブユニットの分化の内訳だ。 階段もサブユニットとして独立していれば、なお構成原理に美しく整合した。 しかし、メインユニットからサブユニットをオーバーハングさせて設置する構造形式では難しかったのだろう。

三階建ての住宅を商品化していたというのも先駆的だ。 積水化学工業が三階建てモデルを商品化したのは、6年後のことだ。



2.ニッセキハウス工業/Uシリーズ
これも1975年に発売されたモデル。
外観写真を見ての通り、瓦葺きの屋根を冠したユニット住宅である。 何かと機械的なイメージが強かった当時の各社モデル事例の中にあって、このUシリーズは明らかに異色だ。
同社は、プレハブ住宅に和瓦を載せた初めてのメーカーだ。 だからユニット住宅においても、拘らなければならぬアイテムであったのだろう。
屋根に和瓦を葺くからには、和風のテイストを外観全体に取り入れなければならない。 そのためか、外壁面には真壁風の柱があしらわれている。 構造体としての柱なのか、それとも外装パネルのジョイント部材なのか、あるいは単なる表層デザインとしての付け柱であったのかは定かではない。
しかし、開口部や雨戸の配置との齟齬が、外観にいびつさを与えている。

写真2*2
寄棟屋根タイプ外観

写真3*2
切妻屋根タイプ外観
とはいえ、このいびつさは、初期のユニット住宅全般に見受けられる傾向だ。 ボックスを積層するというこの工法特有の条件が、慣例的な住宅のイメージからかけ離れたデザインを余儀なくする。
積水化学工業は、それを逆手にとったラディカルなM1で成功した。 後続メーカーの多くも、そんなM1の路線を踏襲した。
そんな中にあって、少しでも住宅らしさをという努力に微笑ましさを感じるのが、このモデルである。


3.クボタハウス/コスモU
発表時期は今のところ判らないが、1983年頃の住宅関連の専門誌には紹介されている。 最盛期には十数社が参画していたと言われるユニット住宅市場の中で、ある程度の淘汰が進み、事業を行うメーカーが数社に絞り込まれた時期のモデルということになろうか。
このモデルの面白いところは、ボックスどうしを一定の離隔を設けて配列する工法を採用していた点にある。
何度か書いているが、ユニット住宅で採用されるボックスは、日本の伝統的なモデュールである「尺」に乗せにくいという足枷が付き纏う。 理由は、ボックス運搬時に発生する道路交通法による寸法制限。 短辺方向最大2.5mという規定が、尺のモデュールの採用を阻む。 ユニット住宅に見受けられるいびつさは、この制約が大きく関わっている。

写真4*3
外観

図面2*3
ユニット構成概念図
その足枷に対して、このモデルはボックスどうしに隙間を設けるという発想で、尺のモデュールとの整合を獲得している。
例えば、短辺2.4mのボックスを33cmずつ離して設置すれば、一間半の幅の空間を作ることが出来る。 こうしてボックスを並べれば、尺のモデュールに則ったプランニングが可能になる。 モデュールの問題を乗り越える手法として、これはとても面白い。
後にミサワホームでも、「スリットジョイント工法」という名称で同様の手法を採用したモデルを発表するようになった。


INDEXに戻る
引用した図版の出典:
*1:段谷産業
*2:ニッセキハウス工業
*3:クボタハウス

2010.09.04/記