日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築探訪
建築の側面
建築外構造物
ニシン漁家建築
北の古民家

間取り逍遥
 
INDEXに戻る
住宅メーカーの住宅
コア内在八角住宅:ミサワホームエイト
1.概要
1985年5月1日に発表されたモデル。
正方形の四隅を45度に切り欠いた八角形の平面を採用。 その平面形状の特徴を、商品名称にそのまま表している。


2.外観


写真1:外観*

八角形という平面上の特質が、そのまま外観に顕れている。
四隅に45度に振れた大開口を配置し、中央を大きなまとまった壁面とする構成が、四面全ての立面に統一して採用されることで、端正なファサードを形成している。
また、大胆なピロティ形式が採用されている。 接地階は、中央に設けられたエントランス部分を除き、その殆どが吹き放しの外部空間となっているのだ。 その上に通常の二階建てのボリュームが載ることで、個性的な外観を造り出している。



3.プラン
※1
概念図1

ミサワホーム8のプランにおけるコアと居室の関係

※2
概念図2

ミサワホームA型2階建てのプランおけるコアと居室の関係

※3
18プラン480バリエーションが用意されていた。

45度に切り欠かれた四隅の開口部の外側には室外機置場が設置されている。 その室外機置場の外周を取り込むと、正方形の平面形態になる(図面1)。


図面1:平面図*

その平面の中央左寄りに、居室以外に住宅に必要な諸室を納めたコアを配置。 つまり、階段や浴室や洗面室やトイレ等のスペースである。
そのコアを居室ゾーンが馬蹄形に包み込む形式が、この住宅の基本構造となっている。

居室と居室外で、コア外とコアに区分けされる図式は、別項のミサワホームA型2階建てにも採用されている概念だ。
違いは、コアの中にキッチンを含めるか否かである。
A型二階建ての場合は、キッチンもコアの中に取り込むことで、コアと居室の分化の構図をより明瞭にしている。
対してミサワホーム・エイトでは、キッチンを居室の一部として扱っている。
また、コアと居室の接続方法にも違いが認められる。
ミサワホーム・エイトが、前述の通り、コアを居室が馬蹄形に包み込んでいる※1のに対し、A型二階建ての場合は、中央に配置したコアの両翼に居室を接続する形式である<※2
いずれの場合も、非居室部分がコアの中にまとめられているため、コア以外の部分は非居室用途の影響を受けることなく、自由な居室のレイアウトが可能になる。
家族構成や住まい方の変化に対し、フレキシブルに対応する住空間を可能にしている訳だ。
但し、A型二階建てがコアにより居室ゾーンが二分されているのに対し、ミサワホーム・エイトは馬蹄形に連続した一体空間を形成しているため、より自由度が高いと言えよう。
従って、図面1に示した各階平面図も、居室の配置に関してはほんの一例に過ぎない※3


写真2:リビングルーム*

発表からまもなくして行われた商品体系の改変により、このモデルは「CHYILDER A8」に改称された。
また、戸建住宅では初のセンチュリーハウジング・システムの認定も受けている。



INDEXに戻る
*:引用した図版の出典:ミサワホーム

2009.05.09/記