日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築探訪
建築の側面
ニシン漁家建築
北の古民家
住宅メーカーの住宅
間取り逍遥
 
INDEXに戻る
建築外構造物
万年塀
※1

プレコン式組立てコンクリート造の概念図*


国内における鉄筋コンクリート系プレハブ住宅の歴史を調べていると、万年塀の記述が時折目に留まる。 理由は、そのルーツが双方とも同じである可能性が高いとされているため。

鉄筋コンクリート系プレハブは、構造体を形成するパーツを標準化し予め工場で大量生産するプレキャストコンクリート構法の開発の歴史でもある。 その歴史を遡ると、昭和初期に伊藤為吉が発表した「組立混凝石建築」に辿り着くのだそうだ。
そこには、木造の落とし込み板壁工法(板倉工法)をコンクリート造に置き換えた様な納まりが確認出来る。 鉄筋コンクリート製の柱と柱の間に同じく鉄筋コンクリート製の板を差し込んで積み重ね、上端を梁で固定する構成。 個々のパーツは大人二人が無理なく持てる重量及び大きさに抑えられていた。
この形式は戦中から戦後にかけて田辺平学のプレコン※1に引き継がれ、ユタカプレコン(現、トヨタT&S建設)がその製作に携わる。 しかし、ここでこの組み立て構法の住宅開発は途切れている。 その後ユタカプレコンは落とし込み板壁的な工法ではなく中型パネルを用いた壁式構造の開発にシフト。 これは、現場での組み立ての前提が人力から重機の使用に変わり制約が緩和されたこと。 あるいは、パーツを細分化することによるジョイント部の止水性確保や組み立てに係る施工効率等の問題解消が背景にあったのだろう。
1954年に中型パネルを採用したトヨライトハウスA型を、更に1962年に改良版のB型を発表。 B型はその後の量産公営住宅にも応用され、更に中層集合住宅向けのティルトアップ工法の開発等を経て今日の鉄筋コンクリート系プレハブ住宅の主流を形成するに至っている。

一方、同じく「組立混凝石建築」を基に工法が編み出されたと思しき万年塀の方は、その後広く外構部材として用いられることとなった。
その初期段階における開発の経緯については諸説ある様だ。 しかし今では日本工業規格(JIS)にも規定され、その正式名称を「鉄筋コンクリート組立塀構成材」としている。

「住まいの履歴」のページに載せている三番目の家にも敷地境界に沿ってこの万年塀が設置されていた。 その高さはちょうど大人の目線よりも少し上。 従って、道路や隣地からは庭の中の様子を窺い知ることは出来なかった。 多くの万年塀が同様の形式で立てられたし、敷地境界に対する当時の一般的な設えがその様なものであった。
しかし時代が変わり、外構に対する考え方も大きく変容。 地域コミュニティの醸成や地震時の倒壊リスク低減、あるいは防犯の観点からも外部からの見通しが効く方が有利等々の考え方から、閉鎖的な構えは減りつつある。 そんな傾向と共に、万年塀を見かける機会も少なくなったという印象をもつ。

三番目の家は既に遠い過去に取り壊され、今は見知らぬ他人の家が建てられている。 近年確認したところ、隣近所も含めてすっかり変わってしまった風景の中で、かつて敷地境界の全てを囲っていた万年塀だけが高さを減じて極一部に残存。 塀というよりは、隣地境界を視覚的に確定するための物理存在として辛うじて機能していた。



INDEXに戻る
*:引用した図版の出典
コンクリートブロック造及び軽量コンクリート造
<竹山謙三郎,浅野新一,平賀謙一/共立出版社(1952.1)>

2016.02.20/記