日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築探訪
建築の側面
建築外構造物
ニシン漁家建築
北の古民家
住宅メーカーの住宅
 
INDEXに戻る
間取り逍遥
集合住宅.12:たすき掛けのメゾネット

物件データ

構造:>
SRC造10F

築年月:
1967年2月

延床面積:
71.69平米

メゾネットタイプの住戸。 その立体空間を構成する二つのフロアは、梁間方向(長辺方向)の長さが著しく異なり、そして桁方向の幅はいずれも極めて狭い。 そんな特徴からは、即座にユニテ・ダビタシオンのプランを連想する。 つまり、中廊下を介して上下にメゾネット住戸が積層する断面形式。


図1:上階平面図:

図2:下階平面図:

中廊下は、全ての階に配置されている訳ではない。 中廊下を有する階では、二つの住戸がこの廊下を挟んで対面する。 対面するのは、いずれも各住戸の梁間方向が短い方のフロアだ。 中廊下に面する玄関から屋内に入ると、対面する一方の住戸には上階に昇る階段、他方は下階に降りる階段が付く。 その階段を昇る、あるいは降りることで、梁間方向が長いフロアに至る。
つまり、各住戸にアクセスするための中廊下は二フロアおきに設ければ良い。 全てのフロアに共用廊下を設ける必要がないので、棟内の住居専有率を高めることが出来る。
更に、廊下に面しないフロアはプライバシー性も高まるし、そもそもメゾネット形式自体が、上下方向の変化に富んだ空間を作り出せる。 これらのメリットが、桁方向の幅が極めて狭い条件をカバーし、ある程度の居住性を確保しているのであろう。

ところで、このプランはユニテの模倣に留まらぬ。
階段の取り付き方を見ると、桁方向にもズレが発生している。 つまり、階段を昇る、あるいは降りた先のフロアは、自住戸の真上ないし真下ではなく、隣戸の上下に位置するのだ。 梁間方向のみならず桁方向においても、たすき掛け状に住戸が積層する形式となっている。 図1及び2のプランから、そのたすき掛けの組み合わせを想定すると、図3〜図5の如く、三層2スパンにわたって四つのメゾネット住戸が複雑に絡む構成が見えてくる。 図4のフロアの各玄関から住戸内に入り、実際に階段を昇り降りする動線を確認すると、たすき掛け状の住戸の組み合わせ方が理解しやすいと思うので御確認いただきたい。


図3:上層階住戸組合せ基本単位の推定図

図4:中廊下設置階住戸組合せ基本単位の推定図

図5:下層階住戸組合せ基本単位の推定図

中廊下を有する図4のフロアには、図1を基本とする住戸が中廊下を挟んで縦横それぞれに対称形に4住戸が並ぶ。 このうち、右上の住戸が図1で表したものと同じ向きの住戸となる。 そして、図3及び図5は、図2を基本とする住戸が2住戸ずつ並ぶ。 例えば、図5の下半分が、図2で表したものと同じ向きの住戸となる。
この組み合わせを一つのセルとし、縦横にこのセルを連続させることで住棟を構成する。 そんな全体プランを展開しているのではないだろうか。


図6:
下層階推定図
(2階,5階,8階)
  

図7:
中廊下階推定図
(3階,6階,9階)

図8:
上層階推定図
(4階,7階,10階)

似通ったプランの住戸が縦横に単純に積み重なる一般的な集合住宅とは異なる構成の模索。 それが、この集合住宅の設計にあたってのテーマであったのだろうか。
結果として出来上がったその構成が、生活実感として一般的な集合住宅とは異なる魅力的な空間として認知されているのか。 あるいは、複雑であるがため生じる建設費の増大に対して、十分に相殺し得る商品性を獲得しているのだろうか。
この形式が特殊解に留まる状況から、その価値判断はある程度可能であろう。



2012.05.12/記