日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築探訪
建築の側面
建築外構造物
ニシン漁家建築
北の古民家

間取り逍遥
 
INDEXに戻る
住宅メーカーの住宅
不可解なモデル.01:ミサワホームGII型

「住宅メーカーの住宅」のページは、ミサワホームに関する記述が多い。 関係者かと思われる方もいらっしゃるかもしれないが、全くそういったことは無い。 もしも関係者なら、過去の商品ではなく現在のラインアップについて、商業的な意図をもって熱く提灯記事を書き綴るところだ。
ところが、今のところ最近の同社の動向には以前ほどの関心は無い。 ここでいう「以前」とは昭和50年代のことになる。 しかし、ミサワホームだからといって、当時の全ての発表モデルが無条件に良かったと思っている訳ではない。 その商品的魅力について理解するに及ばぬモノもあった。


写真1:*外観

例えば、ミサワホームGII型。 1981年7月1日に発表されたモデルだ。
初めて見知ったのは新聞広告。 そこに載せられた外観(写真1)の第一印象は、あまり良いものではなかった。 外観構成パーツは当時の他のモデルと共通する。 しかし、その組合せ方やレイアウトによって、ここまで不気味になってしまうものかと驚いた。 屋根の形状も奇妙だ。

落胆しつつ平面図に目をやると、これがまた良くない。
リビングルームに直接面して洗面化粧室への出入り口が設けられている。 入浴する時もトイレで用を足す時もリビングを通ることになり、感心できない。
また、プランバリエーションの一つである図1の場合、リビングの奥行きが深く、奥の方は自然採光のみでは照度が少々不足しがちになろう。 暗い色調の床面が、そのことを一層強調する。


図1*:各階平面図(GII43-2W-Bタイプ)

それと、一階と二階の壁配置の整合性が崩れている。 二階の諸室の配置と廊下の取り付き方も美しくない。 同時期における同社の他のモデルに通底する拘りからすると極めて異例なことだ。 図中の二階南東の個室などは、ちょっと大きめの家具を搬入するのも一苦労であろう。
また、図1では二階の両脇の居室は、妻壁から半間の箇所に破線が引かれている。 これは、この半間幅部分は下がり天井になっていることを意味している。 屋根形状の関係で生じたものだが、これも感心できない。 右側の洋室の方は、造り付け家具やコーナーサッシ等と絡め、苦しいながらもそれなりに納めてはいるが、和室の方はどうなのだろう。 資料がないので判らぬが、ミサワホームのことだから巧くまとめていたとは思いたいのだが・・・。



写真2*:リビングルーム
写真3*:玄関ホール

今でも時折GII型を見かける。 北側のファサード(つまり、写真1の裏側の立面)は、比較的綺麗にまとまっていると思う。 しかしながら、このモデルの全般に関して私が抱く印象は未だに、初めて新聞広告を見た時と同じく「入母屋のオバケ」だ。

このいびつさが生じた理由は、開発の位置づけが、先行モデルであるミサワホームG型の矮小版という発想にあったためではないか。 ミサワホームG型のページに掲載した各階平面図と比較すると、プランの骨格に共通性が認められる。 理想的ではあっても住宅市場の実情からは大きくかけ離れたG型を、グロス調整によって現実に摺り合わせようとする発想。 一方で、逃れられぬG型の呪縛。
その狭間で苦慮する開発者達のデザイン検証プロセスが、内外観に垣間見えるようだ。



INDEXに戻る
*引用した図版の出典:ミサワホーム

2010.09.04/雑記帳より移設