日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築探訪
建築の側面
建築外構造物
ニシン漁家建築
北の古民家

間取り逍遥
 
INDEXに戻る
住宅メーカーの住宅
独創的な多層構成:ミサワホーム・ハイリビング(F158)
1.概要
※1
北海道、札幌市、北海道新聞社共催で開設された大型住宅展示場。 札幌市東区北7条東1丁目にあった。 ミサワホームは二棟のモデルハウスを出展。
同展示場は、1979年8月11日に現在の豊平会場に移転。 新展示場でもミサワホームはG型を含む三棟のモデルハウスを出展していた。
豊平への移転に伴い、同年9月30日に当会場は閉鎖された。
1970年に10月に開催された第一回東京国際グッドリビングショーに出展されたモデルである。
札幌市東区にあった総合住宅展示場「北海道マイホームセンター※1」にも、この住宅が建てられていた。 同展示場がオープンした際に北海道新聞が企画した広告特集の中に掲載された施設全体の俯瞰図に、このモデルが描かれている。 その広告特集を載せた新聞の発刊日が1973年8月11日。
時代のスピードというものもあろう。しかし、3年前と同型のモデルが別の住宅展示場にも建てられたということは、好評を博していたということになろう。
東京国際グッドリビングショー出展時の名称は、「ハイリビング」。 北海道マイホームセンターの展示モデル名は「F158」となっている。 従って、両方の名称を併記した。
2.外観

フラット屋根と急勾配の片流れ屋根を組み合わせた変形屋根による三つのボリュームがレベルを変えて三層組み合わさる。 屋根の先端とスラブの鼻先を同面で廻し、更に幅と仕上げを揃えることで各ボリュームを三方から包み込む。 明快な構成が、個性的な外観を造り出している。


写真1:外観*

写真1の正面側立面は、開口部と壁面で明確に素材を分けた構成。 更に、開口部とその上部の壁面を、その左右の壁面より少し面落ちさせた納りとすることで、立面に表情を与えている。 開口部左右の壁面の一部は雨戸を収納する戸袋になっている。 単に戸袋を配置するのではなく、その機能を組み込みつつファサードデザインの要素として活かしているところが巧みだ。
バルコニーに取り付けられている手摺は、水平ラインを強調したデザイン。 上端に幅広の笠木を一本通し、その下部に細い横桟を並べるディテールは、当時の同社の外観によく見受けられる形態だ。 しかし、他の事例が、濃い茶系の色彩で外観を引き締める要素として配置されるのに対し、ここでは白一色にすることで、全景に馴染ませている。

妻面は、白一色に塗装された急勾配の片流れ屋根と、その中に面落ちして設けられた小窓のみによってシンプルに構成。 表情のある正面側立面との対比が、明確な層状構成の視認性を高めている。

後述の平面図からも判るように、裏側の立面も同質のデザインによって構成されている。 どの方角から観ても美しいデザイン処理。 いわゆる「裏側」の無い外観構成は、昭和50年代の同社のGOMASシリーズの特徴でもあったが、その拘りを、既にこのモデルにおいても見出すことが出来る。

3.内観

外観の形態そのままに、スキップフロアを用いた動的なプランによって構成。 その特徴を端的に現わしているのが、一階レベルから少し持ち上げられたリビングやダイニングキッチンに至る階段部分を捉えた写真2だ。 日常生活での昇降の頻度が多いことを考慮した彫刻的な意匠が面白い。


写真2*
玄関ホール。階段を昇った奥にリビングルームが見える。

写真3*
ダイニングキッチン。奥にリビングルームが連続する。

リビングダイニングキッチンの床レベルを少し高く設定したこの構成が、モデル名称の由来であろう。
プレハブ住宅といえば、まだ画一的な内外観の設えが一般的であった昭和40年代にあって、この斬新さは突出している。 いや、今でも十分新進的な造形かもしれない。

4.プラン

写真2の手前側天井は、その奥の部分よりも低くなっている。 この下がった部分には、二階が配置されている。 2階が載る部分の直下は、ビルトインガレージや玄関ホール、そして水廻りといった非居室用途が配置されているため、通常より天井高を抑えても居住性にさほど影響は無いだろう。
2階部分の地盤面からの高さを低くしたのは、スキップフロア形式の採用によって昇降の機会が増える動線計画への配慮なのかもしれない。 2階に至る経路の高低差が抑えられることで、その負担が軽減される訳だ。


平面図*
規模:1F;93.73平米/2F;33.12平米

この様な配慮を伴ったスキップフロアは、各層にそれぞれ用途が与えられている。
すなわち、1階は、接客の用途に供するのであろう和室。 家族の公室として1.5階に設けられたリビングとダイニングキッチン。 そして、個室群としての2階。
1階の和室はサニタリーゾーンと同レベルであることから、例えば高齢者の居室として使用する想定も可能であろう。

5.造形性と生産性

このハイリビングと、別項のミサワホーム・コア350は、ほぼ同時期に開発されている。 前述の通り、このモデルが出展された第一回東京国際グッドリビングショーの開催が1970年の10月。 コア350の発表の場となった、パイロットハウス技術考案協議の実施が同年の4月だ。
しかし、両者の方向性は全く異なる。
コア350は、生産性とコストパフォーマンスを重視したモデルである。 実際、コンペティション当選モデルに対して2年後に実施された試行建設では、約二時間での上棟を達成。 関係者を驚かせたという。
一方のハイリビングについては、既に述べてきた通り。 木質パネルを用いた生産性の高い構法を用いつつも、造形性を重視したモデルとなっている。
全く異なる設計手法の展開。 これらは勿論、参加したそれぞれのイベントの趣旨にしっかりと対応させた結果だ。 その様な適応性の高い生産体制や技術開発能力は、漸く揺籃期から一歩踏み出した状況下にあった当時の住宅産業界の中にあっては、特筆すべきことであろう。



INDEXに戻る
*引用した図版の出典:ミサワホーム

2009.07.04/記
2009.09.05/概要等、一部追記,構成変更
2009.11.07/「5.造形性と生産性」の項を追記