日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築の側面
建築外構造物
ニシン漁家建築
北の古民家
住宅メーカーの住宅
間取り逍遥
 
INDEXに戻る
建築探訪
大栄ビルヂング
所在地:
愛知県名古屋市
中区栄2-9-5

設計:
ポール・ルドルフ
山下司
納賀雄嗣
建築年:
1973年9月

規模:
SRC10F,B4F

写真1:北東側外観

写真2:北側立面


※1

写真3:
エントランス廻りのサンクンガーデンよりピロティ空間を見上げる。


※2

写真4:
南東側外観。
接道する北側と同様のデザイン処理が見受けられる。

設計者であるポール・ルドルフの作品と言えば、壁体を意識した重厚な外観やコンクリート斫仕上げの荒々しいテクスチュアが単純には想起される。 しかし、当該建物からそれらの要素を読み取ることは困難だ。 法規制に則って道路斜線なりに建物上層部を斜めに削り取る極めて安直な容積取りの処置が、周囲にひしめく同様の建物群との差異を希薄にする。
但し、ディテールに目を向けると、興味深い措置も散見される。
例えば建物頂部を見上げれば、そこには法的斜線の適用外となる塔屋や工作物としてのメンテナンス通路が、隣接する建物との異化を図るべく精一杯主張している雰囲気ではある。
そして足元廻りは、地下階へのアプローチを兼ねたサンクンガーデンを取り込んだ三層吹抜けのピロティが、やはり同じく建物の顔として前面道路に向かってその存在をアピールする。 その見上げ天井面にはワッフルスラブ※1。 あるいは、建物へのアプローチ動線の階段の踏面端部の曲面の処理等、それなりに意匠に意が払われている。
基準階は、上層の斜壁部分も含め、全て円筒形の付け柱が均等に並ぶ。 中空の金属製パイプの上下端をそぎ切りしただけの機能性を持たぬ単なる装飾的要素でしかないが、消防進入口と大型開き窓の設置箇所以外の開口部全てに徹底して設置することで、建物独自の表情が生まれている。 このパイプの連なりは、接道する北面のみならず、敷地の裏手に当たる南側立面及び側面の一部にも導入されている※2

新建築誌の1973年11月号に同建物が紹介されているが、共同設計者として山下司と納賀雄嗣の名前が載せられている。 ルドルフの基本設計のもと、二人が実施設計を担当した建築作品といったところなのであろうか。
当該建物の元のオーナーは、この地を本拠に住宅事業を主体に建設業を展開していた大栄建設。 同社が1976年に発表したコンクリート系プレハブ住宅「大栄プレタメゾン930」は、当時同工法を用いて事業展開を図っていた他社のモデルとは一線を画す斬新なデザイン性を持っていた。 例えば、スラブ面まで目一杯穿たれたハイサッシ。 プランニングへの吹抜け空間の導入。様々な形態の開口部の配置等々。
そのデザイン監修には、山下司が参画していた。 コンクリート系プレハブ住宅の草創期において、デザイン的に優れたモデルを実現し得た背景には、山下司が大きく関わっている。 もしかすると、山下司とプレタメゾンを繋げる契機となったのは、この大栄ビルヂングなのかもしれない。
立地上、周囲に建て込む同質の建物群の中に埋没しそうな中層建築物ながら、竣工このかた刻んできた歴史の中には住宅産業の1ページに関わる出来事を内在させている可能性。 その事実を建物外観から読み解くことは、勿論叶わぬことではある。



INDEXに戻る
2014.07.05/記