日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築の側面
建築外構造物
ニシン漁家建築
北の古民家
住宅メーカーの住宅
間取り逍遥
 
INDEXに戻る
建築探訪
チサンイン名古屋
所在地:
愛知県名古屋市
中村区則武1-12-8

建築年:
1973年1月

写真1:外観


※1

航空画像*1
中央に吹抜けが設けられている様子が確認出来る。
引用した画像の撮影時期は1982年。 当該画像を公開している国土交通省のサイトでは1975年撮影の航空画像も閲覧可能であるが、いずれも外壁は白一色。 竣工当初は、今と異なる外壁色であったことが判る。


1987年頃の当ホテルのリーフレットに載せられていた外観写真*2。 上記航空画像と同様、この当時の外壁は白一色であったことが判る。

円形建物に見えるが、正確には二十角形によって円を近似した平面構成。 しかし、ほぼ円筒形と見て差し支えは無かろう。
各フロア二十箇所の頂点部分に設けられているオーバーハングが、メタボリズム建築に見受けられるカプセル的な意匠。 建築年を鑑みれば、当時の建築潮流の一部が反映されたデザインという読み取り方も可能だ。
実際には着脱容易なカプセルではなく、非構造壁の一部として造られたものであるが、明度の異なる塗装で外壁を塗り分けることでその存在感を強調。 外観デザインの要としている。

外観全景に呼応したのか、エントランスアプローチに屹立する柱も全て丸みをもたせ、エントランスホール内も円を基調に構成されている。 更に、屋内に設置されている二基の階段も螺旋だし、エレベーターホールも円形の壁に囲まれる等、円に拘った形態操作を徹底。
但し、円を意識した外壁ラインを形成する二十角形は、正形な完結したものではない。 南東方向の三スパン(客室六室分)について辺の長さを広げ、更に外側にややオフセットさせている。 その個所のみやや広めの客室を設定するための形態操作であろう。
ちなみに、そちらの方向はちょうど名古屋駅に視界が開けており、眺望が良い。 従って、高めの料金設定が可能な広めの客室を配置する理に適っている。 また、敷地形状からも外壁ラインのオフセットが可能な位置と思われる。

客室階は、中央に吹抜けとなった光庭を配し、外壁と同心円状の内部廊下が成す円環を挟んで両側に客室が並ぶ※1。 すなわち、中央を貫く光庭に面した客室と、外壁側に並ぶ客室。
各室は、正二十角形の中心と各頂点を結ぶ線分によって分割されたボリュームを更に線分方向に半割りした区画によって成り立つ。 つまり、いずれも四角形ではなく等脚台形平面。
外壁に面した側の客室は、内部廊下に面した入り口側が狭く、部屋の奥の外壁に向かうに従い広がる形状。 逆に光庭に面した客室は、入り口側が広く、光庭に面した外壁に向かうに従ってすぼまる形状。

通常のホテルの一般的な客室の場合、中に入るとまず入り口の脇に浴室や洗面等のサニタリーユニットがあり、その奥に居室が配置されることが一般的。 しかし当ホテルの場合、外壁側に設けられた客室は先ず居室があって、その奥(つまり外壁側)に溜りのスペースとサニタリーユニットが配置されている。
外観の特徴となっているオーバーハング部分は、このサニタリーユニットが収められた箇所。 つまりはカプセルそのものでは無いものの、その意識のもとプランニングされた可能性はあろう。
外壁に面するためにいずれも小窓を付けて自然光の取得を可能とすることで、同種の他のホテルとの差別化が図られている。

円筒形の建物ボリュームが採用されたのは、鋭角状に交わる二つの道路に面した角地という敷地条件から導き出されたのであろうか。 そして、名古屋駅太閤通口側駅前広場北端に接続する道路沿いに見通せるロケーションにおいて、アイキャッチとしての立ち位置を確保すべく隣接建物群との差異化を図ることが目論まれたのかもしれない。



INDEXに戻る
引用した図版の出典:
*1 航空画像:国土画像情報(カラー空中写真)<国土交通省>
*2 1987年当時のチサンイン名古屋のリーフレット

2014.04.26/記
2014.07.05/外観画像追加