日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築の側面
建築外構造物
ニシン漁家建築
北の古民家
住宅メーカーの住宅
間取り逍遥
 
INDEXに戻る
建築探訪
ライオンズマンション北斗
所在地:
北海道札幌市東区
北16条東2丁目

建築年:
1974年9月

規模:
地上7階,78戸

写真1


※1
大友堀は、市内中心部では基本グリッドと一致している。 というよりも、現在は創成川と呼称されるこの堀を基軸に、碁盤目が整備された。
それが、東区のエリアでは向きを北東に変え、伏籠川へと注いでいた

※2
当該物件近傍の航空画像*

ほぼ南北軸の格子状の街路とは別に、45度に振れたもう一つの軸性が確認できる。

このマンションの住戸は全て「く」の字型の平面形状をしている。 その「く」の字を横に連続して並べる。 つまり、「くくくくく」といった塩梅。 そんなヘリンボーン状に住戸が連なる住棟を平行に二棟配置したのが、この集合住宅の基本構成。
結果、斜め45度振れた白壁が連なる個性的な外観を実現している。
しかし、板状箱型の集合住宅に比べて建設コストは割高な筈だ。 敷地は整形だから、素直に板状箱型のブロックプランにて計画することも可能であっただろう。
にもかかわらず、このような形態を採用したのはなぜか。

ここからは推察になるが、南側に高校のグランドが隣接するという立地与件から、この形態が採用されたのかもしれない。
「く」の字型に連なる構成は、住戸の主要開口部を南東と南西に振ることになる。 室内から外部への日常的な視線を45度振ることにより、学校側とマンション側双方からの視線のダイレクトな錯綜の緩和を意図したのかもしれない。



写真2:
東西に二棟並ぶ住棟のうち、東側(写真1の右側)の棟の東側立面。
この背後にほぼ同形状の西側棟が並列して建つ。 向かって左側(南側)が高校のグランド。 そのグランドに対し、全ての窓が45度に振れている。
写真3:
北側外観。 45度に触れた白一色の壁面が、屏風の如く連なる。

近視眼的にはそんな解釈で終わることになるが、広域的な立地与件を鑑みた場合、もう一つの可能性が見えてくる。
それは、このマンション近傍の街路構成。
札幌市内が碁盤目状の街路によって構成されていることはよく知られている。 しかし、ほぼ南北方向の軸性を持つその基本グリッドとは異なるもう一つのグリッドが、マンションが立地する東区内に存在する。
東区一帯は、開拓時代の初期において「元村街道(北海道道273号花畔札幌線)」や「大友堀」といった都市インフラが整備された。
それらは、南西から北東方向の軸性を成している※1。 基本グリッドから概ね45度程度振れたその軸性から派生したのであろう道路によって作り出されたのが、もう一つのグリッドだ。
異なる二種のグリッドが折り重なり錯綜する様態。 そんな街路構成がマンション近傍に散在し、結果、南北グリッドに対して45度程度に振れて建てられた建築物が散見される※2
この様な地勢に呼応して45度の角度を伴う住棟形態が決定されたとするならば面白い。
でも、それは単に飛躍し過ぎた推察でしかないのであろう。

ちなみに、更に話を飛躍させるならば、白一色の壁面は、縦横45mm幅の正方形のタイルがビッシリ張られている。
45度に振れた、45mm角タイル張りの壁面。
ということで、“45”という数字をダブル・ミーニングとして内在させた建物ということにしておこう。



INDEXに戻る
引用した図版の出典:
* 航空画像:国土画像情報(カラー空中写真)<国土交通省>

2011.12.24/記