日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築の側面
建築外構造物
ニシン漁家建築
北の古民家
住宅メーカーの住宅
間取り逍遥
 
INDEXに戻る
建築探訪
ススキノアパート
所在地:
北海道札幌市中央区
南6条西4丁目

建築年:
1958年11月

規模:
地下1階地上5階

写真1


札幌の市街地は、一辺を60間(約109m)とする正方形の街区を縦横に整然と配列した碁盤目状の都市構造を形成している。 そんな整形グリッドの中の一部に広がる、“すすきの”と呼ばれる歓楽街として名高いエリア(正式な地名ではない)の一街区。 その一辺全面に立ちはだかる様に、この共同住宅が立地する。
街区の表皮を削ぎ切りしたかの様な細長い敷地形状のままに、長大でありながら奥行きの浅い配棟。 その敷地は、かつては「第二公設廉売市場」と呼ばれた公設市場であり、その施設の再開発に伴って現在の建物が作られた。
何とも微妙な都市への納まり方は、その様な経緯による。

地階に「すすきの0番地」と呼ばれる飲食店街、一階に第二公設廉売市場から引き継がれる「すすきの市場」が入居する。 そして二階から五階までが都市基盤整備公団の公営住宅。
いわゆる「下駄履きアパート」と呼ばれる一般市街地住宅だ。

二階以上の住宅部分へのアクセスは、長大な壁面の両端妻面に設けられた階段による。
屋内は未確認のため外観目視からの判断になるが、階段を昇った先の二階は、建物両端の階段を繋ぐように共用廊下が貫き、片廊下形式の住戸が配列されているのだろう。 そして三階以上は、二戸一階段形式の住戸構成になっている様だ。 二階部分の共用廊下は、二階の各住戸の他に、それより上の階に至るための二戸一形式の各階段への動線にもなっている。



写真2:
ピロティの下に、車両を試運転するための線路が敷設されている。
住棟の前面直近にも線路が通る。
写真3:
南側ファサード。
一階の商業施設部分が基壇的なデザインとなり、その上に四層の住宅用途が積み重なる。
道路に面したファサードは、二種の色分けによって単調さの緩和を試みているが、基本的には同一規格の開口部が無機的に並ぶのみ。 あらかじめ知識がなければ、用途が共同住宅であることを視認することは難しい。 それが、オフィスや商業建築が軒を連ねる都心に立地する集合住宅という与件に対する建設当時の一つの考え方であったとするならば、それはそれで面白い。


INDEXに戻る 2011.12.24/記