日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築の側面
建築外構造物
ニシン漁家建築
北の古民家
住宅メーカーの住宅
間取り逍遥
 
INDEXに戻る
建築探訪
東京都交通局志村寮
所在地:
北海道室蘭市
海岸町3-1-3

建築年:
1971年4月

規模:
4棟,160戸

写真1



写真4

敷地外の公道から、鉄骨階段を昇り、建物の一階に至る。 その高さは、通常の共同住宅の二層分以上である。

東京都板橋区にある東京都交通局志村車両基地。 幾本もの線路が並ぶその広大な構内に入場する機会があった。 出入り口で手続きを済ませて敷地内に入ると、この四棟の五階建て共同住宅がいきなり視界に入ってくる。
東京都交通局の職員住宅であるが、そのファサードは、四隅がR面取りされた開口を穿った飾り壁でバルコニー先端全面を覆ったもの。 建築された年代においては良く見受けられたマンションのデザインだ。
しかしながら、同時代の他のものと状況を異にするのは、そのファサードを持つボリュームが、施設内の線路の真上に持ち上げられて存在していること。 線路の両脇に列柱を並べ、その上に住棟が載るピロティ建築である。

塔屋が見当たらないことから、エレベーターが無い建物であることが判る。 ピロティ上の建物階数を五に留めているのも、エレベーターの設置を回避するためでもあろう。
つまり、この共同住宅の一階部分は、列柱で持ち上げられた第一層目なのだ。 住民は、施設の敷地外の公道より階段でこの第一層まで昇る(写真4※1)。 昇り切ったそのレベルが、ようやくこの建物の一階。 最上階である五階へのアクセスは、更にそこから五フロアを昇ることになる。

ピロティ建築を構想した背景には、施設内の敷地有効利用が念頭におかれた。 交通局の資料の中にも、「土地と空間の高度利用をはかったモデルケース」「画期的な試み」と記されている。
しかし、凡庸な表情の共同住宅が、列柱によって大仰に地面から切り離されて中空に並ぶ群景の異形さは、住棟ごとに異なるパステルカラーで列柱を彩色する対処をもってしても払拭されはしない。 さながら、神殿か要塞の如くである。



写真2:
ピロティの下に、車両を試運転するための線路が敷設されている。
住棟の前面直近にも線路が通る。
写真3:
一番西側の棟の南側ファサード見上げ。


INDEXに戻る 2011.09.03/記