日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築の側面
建築外構造物
ニシン漁家建築
北の古民家
住宅メーカーの住宅
間取り逍遥
 
INDEXに戻る
建築探訪
室蘭市立絵鞆小学校
所在地:
室蘭市祝津町2-7-30

設計者:
坂本鹿名夫

建築年:
1958年12月(1期)
1960年(2期)

規模:
527.27平米(1期)
527.27平米(2期)

写真1:外観


円筒形のボリュームを二つ並べ双方を連結する形式の校舎になる。
この手の学校建築は、今でも国内の各地に幾つか現存する。 「この手の」という表現が使えるのは、殆どの円形校舎が、同一の設計者によって構想されたため。 そしてその時期も、昭和30年代に集中する。

坂本鹿名夫。
その人の発想により建てられた円形校舎は、既に除却されたものや廃校になったものも含め、全国で103件確認されているそうだ。
標準設計に凝り固まっていた四角四面の校舎建築に対する異議申し立てと、そしてより効率的な学校建築のあり方の模索から産み出されたその手法は、多くの事例を通して洗練を極めた。 しかし、一個人の手による洗練は、結局その手法自体が標準化の道を辿り、学校建築にまつわる一つの特殊解となった。

その特殊解としての標準化の内容については、幾つかの論文で指摘されている。
概要としては、以下の通り。

まずは最も効率的な外形として直径 20〜30mの円が定義される。 これより広くても狭くても、校舎の用途としては十分に機能しないと言う。
その円の中央に螺旋階段を設け、その周囲に同心円状の廊下を巡らせる。
残余のドーナツ状の空間を六等分し、そのうちの五つを教室に充て、他の一つをトイレや他の階段といった用途に充てる。
そんな構造の平面を概ね3層重ねたブロックを一棟とし、あとは個々に要求される教室数に応じて棟数を増減させる。

室蘭市に建つ絵鞆小学校も、この基本形式を踏襲した校舎が二棟建ち、双方の間を渡り廊下で接続している。
一方が普通教室棟。他方が特殊教室や体育館、管理施設が入る棟。
その内部用途の差異が、そのまま外観に現われている。 しかし基本構造は同一なので全く違和感が生じていないところが面白い。


写真2:

写真3:
※1
写真1の左手に、矩形の増築棟が少し見える。

円筒形の外観という特異性は、地域のシンボルとしての機能も担っていたことだろう。 しかし、その後の児童数増加に伴う普通教室棟の増設においては、この円形校舎の形式ではなく、通常の矩形の平面プランが採用された※1。 理論に則れば、同様の円形校舎の増設による対応も可能であった筈だ。 それが行われなかったのは、この形式の特殊性ゆえであろう。
形式の特殊化、先鋭化の果てにあるのは、緩やかな終焉。 この建築形式の設計手法もその例外とはなり得ず、特定の一時期に興隆した建築形態として建築史の一項目に収まった。
更に、この小学校自体の存続も、少子化という社会情勢の影響とは無縁ではなかった。



参考文献:
「北海道における円形校舎について」
三河智子,角幸博,石本正明
日本建築学会北海道支部研究報告集No.76
(社団法人日本建築学会)

2010.07.24/記