日本の佇まい
国内の様々な建築について徒然に記したサイトです
町並み紀行
建築の側面
建築外構造物
ニシン漁家建築
北の古民家
住宅メーカーの住宅
間取り逍遥
 
INDEXに戻る
建築探訪
三業会館
所在地:
新潟県新潟市
中央区西掘前通9-1538

竣工:
1964年6月

規模:
地上3階

写真1:外観


新潟の三業協同組合の施設。
三業とは、花街に関わる三つの業種、芸者置屋、待合、料理屋のことを指す。

このエリアの特徴となっている間口に対して奥行きの深い敷地に、三方を隣地に囲われるように建てられている。 唯一開放された正面道路側のファサードは、このような立地条件にも関わらず、壁面が強調された閉鎖的な構えだ。
しかし、無表情で排他的な印象は無い。 壁面両翼に前方に向けた微妙な反りを設けることで、人を優しく迎え入れる様な印象を与えているせいだろうか。 そしてその表層を覆うタイルのテクスチャも繊細だ。 壁面のやや左寄りに設けられた小さな縦スリットも、ファサードに表情を与えている。
一階部分は、その全面に車寄せに沿うように庇が設けられている。 その庇は、右手側が上層の壁面よりも強い曲率で前面の道路に向かって弧を描いているが、これも、建物へと人を誘う構えとして認識されよう。 奥行きの深いこの庇が、一階部分に陰影をもたらし、上層のタイル張りの量塊を地上から切り離す。 そして、陰と量塊の境界を、庇による一本の水平線が横断することで、安定感のある全体像を造り出しているという様な印象を与える。

内部は180名収容のホールや会議室、和室等で構成されている。


写真2:
ファサードの別アングル。タイル張りの壁面にスリットと両端の反りによる僅かな形態操作で表情を作り出している。
そして車寄せに沿う庇が一階部分に陰影をもたらし、タイル張り壁面を地上から切り離す。

写真3:
ファサードの左手から建物の側面を覗いたところ。 その側面にも、別の曲率による曲面の壁が設けられている。 道路側からは殆ど視認され得ぬ部分にも、意匠上の配慮。
そしてその側面の背後に、奥深い矩形のボリュームが連続する。 四階には片持ち形式の外部階段が矩折に廻り、屋上に昇ることが出来る。


2010.01.09/記